ブログ・アフィリエイト

GoogleAdsense「ads.txtファイルの問題を…」と表示されたら

GoogleAdsense「ads.txtファイルの問題を…」と表示された場合の対処法
えりー
えりー
こんにちは、えりーです。

GoogleAdsense(アドセンス)を貼っているサイトである日突然、

要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。

要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。

・・・という注意書きが表示されました。

今回は、この注意書きが表示された場合の対処法についてわかりやすい言葉でお伝えしたいと思います。

Googleの説明を見ても、たぶん意味不明だと思いますので…┐(´д`)┌

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

出典:ads.txt で認定販売者を宣言する – AdSense ヘルプ

そもそも、「ads.txt(アズテキスト)」って何?

「ads.txt(アズテキスト)」は広告詐欺を防ぐために設置します。

「ads.txt(アズテキスト)」を使うことで、広告主がサイトの所有者を確認できます。

近年、ターゲティングをし、リアルタイムで自動的に広告を表示する仕組み※が一般化していますが、それを利用した詐欺※も増えています。

そんな悪者に報酬が行かないように、「ads.txt(アズテキスト)」を設置する必要があります。

《※(ご興味があれば)難しい用語で書くと…》

  • ターゲットにあわせた広告をリアルタイムで自動的に表示。この広告のことを「プログラマティック広告」と言います。
  • このような広告表示の仕組みのことを「RTB(Real-Time Bidding)」と呼びます。
  • RTBを悪用した広告詐欺のことは「アドフラウド」と呼ばれています。

「ads.txt(アズテキスト)」を設置する方法

GoogleAdsenseにログインします。

1.注意書きの右にある[今すぐ修正]

要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。 今すぐ修正

2.[ダウンロード]

「ads.txt(アズテキスト)」をダウンロード出来ます。

「ads.txt(アズテキスト)」をダウンロード

ファイルを編集する必要はありませんが、開くと下記のように書かれています。

google.com, pub-000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「pub-000000000000000」の部分が、ご自身のIDになっているはずです。

「ads.txt(アズテキスト)」はAdsenseからダウンロードせず、メモ帳で自作してもOKです。その際は、「pub-000000000000000」の部分をご自身のIDに変更し、必ず「ads.txt」(半角英字)というファイル名で保存しましょう。

3.「ads.txt(アズテキスト)」をルートドメインにUP

FTPソフト(Filezilla等)でルートドメインに「ads.txt(アズテキスト)」をUPします。

ルートドメインとはドメインの”根っこ“となる部分のことです。
(「https://●●●.com」の部分)

https://●●●.com/ads.txtにアクセスして表示されるか確認

正常に設置されているか確認するために、https://●●●.com/ads.txtにアクセスしてみましょう。

google.com, pub-000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

これが表示されれば作業は完了です!おつかれさまでした!

ちなみに、ads.txtは他の人に見えてしまっている状態でも問題ないみたいです。

後は注意書きが消えるまでしばらく待ちましょう。(数日かかるかも…)

「ads.txt(アズテキスト)」を設置する際の注意点

「ads.txt(アズテキスト)」は設置場所を間違えやすいので注意が必要です。

「ads.txt(アズテキスト)」はルートドメインに設置します。

wwwが付かないほうに設置

www有と無が分かれている場合、www無のほうに設置します。

www.●●●.com→×
●●●.com→

サブドメインではないほうに設置

abc.●●●.com(サブドメイン)→×
●●●.com→

設置場所を間違えると広告が表示されなくなることもあるらしいので、注意しましょう。

最後に

「ads.txt(アズテキスト)」は詐欺対策のために設置するものです。

GoogleAdsenseへの設置は簡単ですが、設置場所を間違えると広告が表示されなくなる恐れがあるため注意しましょう。

「ads.txt(アズテキスト)」の設置方法は上記で解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Googleのサービスは好きですが、もっと説明をわかりやすくしてほしいですね…(´・ω・`)

ABOUT ME
えりー
えりー
空創デザインオフィス」代表。 フリーランスデザイナーとして、web・グラフィックデザインを行う傍ら、ホームページや広告を作りたい人への支援、web・グラフィックデザイナーの育成、ブロガー・アフィリエイターの育成等を行っている。 →プロフィールお問い合わせ空創デザインオフィス
error: Content is protected !!