webデザイナーになる方法

webデザイナーに英語スキルは必要無!でもあると有利なことも…

webデザイナーに英語スキルは必要無!でもあると有利なことも…
えりー
えりー
こんにちは、えりーです。

楽天の社内公用語が英語であることは有名ですが、webデザイナーに英語スキルは必要なのでしょうか。

結論から言うと、日本で仕事をするほとんどの場合、webデザイナーに英語スキルは必要ありません!

外資系企業に務めるとか、海外でwebデザイナーになりたい、という場合は話が別ですが、日本企業の場合、仕事で英語を使う機会はほとんど無いからです。

英語サイトを作ることもありますが、その場合は翻訳会社を使ったり、Google翻訳などを入れたりすれば良いので、英語が出来なくても全く問題はありません。

えりー
えりー
わたし自身、英語は全く出来ません!!!
にゃーご
にゃーご
自信満々に言えることじゃないにゃ…

わたしは英語が出来ませんし、英語が出来なくて仕事で困ったこともありません。

ただ、webデザイナーに英語スキルがあれば、仕事で有利になることもたくさんあるみたいなんです。

今回は、

  • webデザイナーに英語スキルがあるメリット
  • webデザイナーを目指す人におすすめの英語学習法

などについてお話ししたいと思います!

にゃーご
にゃーご
英語が出来ない人の記事じゃ説得力ゼロにゃ〜

・・・と言われると思い、わたしの周りの英語が出来る現役webデザイナーにリサーチした結果を元に記事を書いています。

英語に興味がある方、英語スキルがあるwebデザイナーを目指す方に役立つ内容になっていると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください!



webデザイナーに英語スキルがあるメリット

就職・転職に有利になる場合も

英語が使えるwebデザイナーはあまりいないため、貴重な人材です。今後はグローバル化に伴い、英語が使える人材がより必要とされることが予想されます。

そのため、英語スキルがあれば就職・転職に有利に働くケースも多いでしょう。

えりー
えりー
英語スキルがある方は、求人サイトで「webデザイナー 英語」と検索すると良いですよ!

海外の企業に就職・転職出来る

英語が出来れば、日本企業だけでなく、海外の企業に就職・転職できるチャンスも出来ますね。

最新の情報をいち早く得られる

デザインのトレンド最新技術サービスの多くは海外発信です。英語がわかれば、最新の情報をいち早く得られます。

プログラム言語の説明が英語しかない場合もあるため、トラブルの解決もしやすくなります。

海外のクライアントを得やすくなる

フリーランスの場合、英語が出来れば海外のクライアントを得やすくなります。仕事の幅を広げるチャンスにもなりますね!

会社で重宝される

英語が出来るwebデザイナーは少ないので、英語スキルがあれば会社で重宝されることは間違いありません。多言語サイト制作海外のクライアントとのやり取り等、何かと必要とされる機会があるので大活躍出来そうですね!(翻訳等は普通はアウトソーシングしますが、社内で完結出来れば制作コストを減らせますよね。)

コーディング(プログラミング)の理解が多少早くなる

HTMLやCSS、PHPなどの言語は英語を元に作られているので、英語が出来れば、コーディング(プログラミング)の理解が多少早くなるかもしれません。

ただ、英語が出来なくてもコーディングは出来るので、コーディング(プログラミング)のために英語を覚える必要はありません。

目的別・webデザイナーに必要な英語レベル

英語が出来るようになりたいと思った方は、まずは目的に合わせて目標を設定しましょう。

  • 英語が必要な日本企業で働きたい
  • 日本にいながら海外案件を獲得したい

この場合は「英語の読み書きが出来る」レベルを目指しましょう。

まずは英語で書かれた指示書を読み、英語でメール・チャットのやり取りが出来なければならないからです。単語やイディオムを覚えることから始めるのがおすすめです。

  • 外資系企業で働きたい
  • 海外で働きたい

この場合は「英語の読み書き+英会話が出来る」レベルを目指しましょう。

英会話は話さないとなかなか覚えられないので、英会話スクール留学も検討したほうが良いかもしれませんね。

webデザイナーを目指す人におすすめの英語学習法

独学で英語を勉強するなら、下記の方法がおすすめです。

  • 映画・海外ドラマを字幕で観る
  • 英語の本を読む(マンガでもOK)
  • 英語のブログを読む
  • 英語でSNSをやる
  • スマホアプリで学習
  • 普段使う物の設定を英語に(スマホ等)
  • ネイティブの友人を作る
  • TOEIC受験

TOEICは英語のレベルを測る目安になります。まずは、TOEIC600点以上を目指しましょう。

その他、英会話スクール留学するという手もありますね。セブ島に留学なんていうのも流行っているみたいですね!本格的に英語を学びたいなら検討してみても良いかもしれません。

セブ島留学【MeRISE留学】

おまけ:webデザイナーを英語で言うと??

webデザイナーを英語で言うと、主に4つの表現があるようです。

  • web designer
    …コーディングもするデザイナー
  • visual designer
    …ビジュアルデザインが中心のデザイナー
  • graphic designer
    …”visual designer”とほぼ同じ意味
  • computer graphic designer
    …web上でビジュアルデザインをしているデザイナー

「web designer」というとコーディングが中心っぽいですね。

まとめ:webデザイナーに英語は必要無!でも+αで学ぶのは有!

日本で仕事をするほとんどの場合、webデザイナーに英語スキルは必要ありませんが、英語スキルがあると有利になることもたくさんあります。

《webデザイナーに英語スキルがあるメリット》

  • 就職・転職に有利になる場合も
  • 海外の企業に就職・転職出来る
  • 最新の情報をいち早く得られる
  • 海外のクライアントを得やすくなる
  • 会社で重宝される
  • コーディング(プログラミング)の理解が多少早くなる

すでに英語スキルがある方は、webデザイナーの仕事で十分に活かせそうですね!

今は英語が出来ない方も、+αとして英語を学ぶのは有だと思います!(コーディングの仕方やソフトの使い方が先ですが…)

webデザイナーは新しいことにチャレンジする精神が大切です。

英語に限らず言えることですが、色々なことに怖がらずにチャレンジしていきたいですね!

えりー
えりー
わたしも英語が出来るようになりたいですね〜
にゃーご
にゃーご
旅行先でも便利そうだにゃ



ABOUT ME
えりー
えりー
空創デザインオフィス」代表。 フリーランスデザイナーとして、web・グラフィックデザインを行う傍ら、ホームページや広告を作りたい人への支援、web・グラフィックデザイナーの育成、ブロガー・アフィリエイターの育成等を行っている。 →プロフィールお問い合わせ空創デザインオフィス
error: Content is protected !!