webデザイン

さくらサーバーでWordPressをSSL化→www有・無を統一する方法

さくらサーバーでWordPressをSSL化→www有・無を統一する方法
えりー
えりー
こんにちは、えりーです。

さくらインターネットサーバーでWordPress(ワードプレス)のサイトをSSL化し、www有・無を統一する方法がかなり面倒でややこしいので、手順をメモしておこうと思います。

さくらインターネットサーバーをご利用中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

《SSLとは》
SSLとは暗号化通信のことを指します。webサイトをSSL化することによって、URLが「http」から「https」に変わります。近年、サイトのSSL化は必須と言われています。

さくらインターネットサーバーでWordPress(ワードプレス)をSSL化する方法

さくらインターネット サーバーコントロールパネルでSSLの申込を行う

1.さくらインターネット サーバーコントロールパネルにログイン

さくらサーバーコントロールパネル ログイン

[仮登録完了のお知らせ]という件名のメールにサーバーコントロールパネルのログイン情報が載っています。

2.[ドメイン/SSL設定]

3.SSL化したいドメインのSSL証明書を[登録]

4.[無料SSLの設定へ進む]

5.[無料SSLを設定する]

「ただいま無料SSL証明書の発行手続き中です。 発行完了後にメールでお知らせしますので今しばらくお待ちください。発行には数十分~数時間かかる場合があります。発行が完了しない場合はサポートサイトのよくある質問をご確認ください。」
というメッセージが表示されたら、SSLの申込みは完了です。

メールが来るまで待ちましょう。(数十分~数時間かかります)

SSLの発行が完了すると、次のような表示に変わります。

WordPressでSSL化プラグインの設定を行う

1.WordPressの管理画面とサイトのトップページに「https://」から始まるURLでアクセスし、表示されるか確認する

2.WordPressにログイン

3.[プラグイン]-[新規追加]

4.検索窓で「さくら」と検索し、「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」を[今すぐインストール]

5.[有効化]

6.[設定]-[SAKURA RS SSL]

7.チェックボックスにチェックを入れ、[SSL化を実行する]

「http://」から始まるURLでサイトにアクセスし、「https://」に転送されれば無事完了です。

おつかれさまでした!

《SSL化した後は、サイト内のリンクや画像等のURLを変更するのも忘れずに!》

SSL化した後はサイト内に「http://」が残っていないか、検索してチェックしましょう。わたしはAdobe Dreamweaverで検索・置換しています。
記事内のURLは、WordPressのプラグイン「Search Regex」で一括置換します。

あわせて、下記「www有・無」の統一も行ったほうがSEO的に良いと言われています。

さくらインターネットサーバーで「www有・無」を統一する

通常、wwwのドメインだけが登録されていると思います。
(初期設定では、wwwのドメインを登録すると、wwwどちらでもアクセス出来るようになっています。)

《初期設定の状態》
wwwにアクセスしても、wwwにアクセスしても同じようにサイトが見られる

つまり、wwwのドメインも、のドメイン同じフォルダを参照している状態です。

wwwを統一するためには、wwwのドメインも追加で登録する必要があります。

wwwにアクセス→wwwのURLしか見られないように変更する
wwwにアクセス→wwwのURLしか見られないように変更する

wwwはwwwのフォルダを参照し、wwwはwwwのフォルダを参照するように分けてあげる必要があります。

その後、wwwもしくはwwwへ転送(リダイレクト)します。

ドメインの追加方法

1.さくらインターネット サーバーコントロールパネルにログイン

さくらサーバーコントロールパネル ログイン

2.[ドメイン/SSL設定]

3.[新しいドメインの追加]

4.今回の例では「お名前.com(他社)」で取得したドメインのため、「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う」から[ドメインの追加へ進む]を選択していますが、ご自身のドメインにあわせて選択してください。

5.www有のドメイン「www.●●●.com」を記入し、[送信する]

6.内容を確認し、[送信する]

7.詳細設定に進み、「wwwを付与せずマルチドメインとして使用する(上級者向け)」を選択

8.「2. マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください」はドメイン名と同じ「www.●●●.com」(www有のURL)にしておくとわかりやすいです

※このフォルダ名はわかりやすければ何でもOKです。(半角英数字)

9.[送信]

10.対象のフォルダを作成

[ファイルマネージャー]

/home/●●●/www/の上で右クリック、[フォルダ作成]

「www.●●●.com」(※上記8で作成したフォルダ名)を入力し、[OK]

11.最初に登録したwww無ドメインを[変更]、上記7~9と同じように設定を行います

「wwwを付与せずマルチドメインとして使用する(上級者向け)」を選択し、「2. マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください」はドメイン名と同じ「●●●.com」(www無のURL)にしておくとわかりやすいです。
※このフォルダ名はわかりやすければ何でもOKです。(半角英数字)

12.www有のドメインもSSLの申請をします

上記「さくらインターネット サーバーコントロールパネルでSSLの申込みを行う」をご参照下さい。

「.htaccess」を設置する方法

1.[ファイルマネージャー]

2.[表示アドレスへの操作]-[ファイル作成]

wwwに統一する場合、wwwのフォルダにファイルを作成
wwwに統一する場合、wwwのフォルダにファイルを作成

3.下記どちらかを記載

《wwwに統一する場合》

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(●●●\.com) [NC]
RewriteRule ^(.*) https://www.●●●.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

《wwwに統一する場合》

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.●●●\.com) [NC]
RewriteRule ^(.*) https://●●●.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

4.ファイル名を「.htaccess」とし[OK]

サイトを確認し、www有・無どちらかに転送(リダイレクト)出来ていれば完了です!

最後に

ややこしいですね…。SSLまでは出来ても、www有・無でつまづく方が多いのではないかと思います…。

www有・無を統一するとSEO的にも効果的と言われていますので、上記を参考にぜひトライしてみてくださいね。

ABOUT ME
えりー
えりー
空創デザインオフィス」代表。 フリーランスデザイナーとして、web・グラフィックデザインを行う傍ら、ホームページや広告を作りたい人への支援、web・グラフィックデザイナーの育成、ブロガー・アフィリエイターの育成等を行っている。 →プロフィールお問い合わせ空創デザインオフィス
error: Content is protected !!